2008年05月24日

突発性発疹の直後にポリオの予防接種はどうするの?

予防接種は、赤ちゃんを育てるママたちにとって、とても重要なものなので、本当に気を使います。 病気で予防接種が受けられないことがないように、決まった日に大切な赤ちゃんを連れていくことが、今後の病気を防ぐことにつながるのです! 

昨日、久しぶりにママ友4組が集まって、ランチをしました。
はなちゃんママが、「やっと突発性発疹が治って、本当によかったんだけど、新たな問題がでてきたの。」とのこと。

そこで話しを聞いてみると、あと5日ほどでポリオの予防接種があるので、それを受けるかどうかが目下の悩みということなんです。

たっくんママが、「小児科の先生には行ってみたの? その時に相談したりした?」と聞きました。

小児科の先生曰く、「ポリオなら大丈夫ですよ。」と言われたとのこと。

それから、色んなことについて話をしました。
・突発性発疹の後は、1ヶ月くらい間をおかなければダメだと聞いたことがあるわよ。
・2週間ほどでいいと聞いたことがあるわよ。
・小児科の先生が言いと判断されたのであれば、それで大丈夫ではないかしら。

結局、結論がでないまま終わることになってしまいましたが、もう一度小児科と自治体の保健所などに聞いてみようということになりました。

そして、昨日の夕方、はなちゃんママからメールが来ました。
「今日は、皆さんありがとう。小児科の先生にもう一度聞いたところ、ポリオの予防接種は、経口投与を行い、腸につける抗体であるため、
下痢やウイルス感染の病気でなければ、大丈夫ですよ。と言われました。 保健所でも、小児科の先生のおっしゃるとおりなので、今回受けられてもいいのではないですかと言われました。 少し心配もなくなったので、ポリオの予防接種に行ってみます!」とのことでした。


posted by サリー at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A ここがしりたい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

突発性発疹 Q&A

Q1.生後6ヶ月の息子が、初めて37.5度ほどの熱が2日ほど続きました。そして、ほんの少しだけ発疹がでましたが、このような症状の場合も『突発性発疹』なのでしょうか。

A1.初めての発熱と発疹ということから考えられるのは、やはり『突発性発疹』だったのかもしれません。
3日ほどの高熱のあと、解熱とともに発疹が全身にでるというのが、よくある突発性発疹のパターンなのですが、なかには熱だけ出て発疹はでない赤ちゃん、発疹はでて熱は微熱程度という赤ちゃん、下痢・嘔吐症状が強い赤ちゃん、また感染しても症状が全くでない場合もあります。
発熱や発疹、病気の期間などは個人差があります。

Q2.感染する病気はたくさんありますが、生後はじめてかかりやすいのが『突発性発疹』というのはなぜですか。

A2.母親の免疫が残っている生後6ヶ月ころまでは、この突発性発疹もかかりにくいのですが、ヒトヘルペスウイルスの仲間は、他のウイルスと違って、その病気が治っても体の中にずっと生きる性質をもっています。
突発性発疹を起こすヒトヘルペスウイルスも、大人ののどでずっと行き続け、近くにいる赤ちゃんにうつるといわれています。
赤ちゃんが、おもに子ども同士の接触でうつるはしかや水疱瘡より早く突発性発疹にかかるというのは、そのためです。

Q3.赤ちゃんが病気になったときのホームケアとして、どのようなものを準備しておくとよいでしょうか。

A3.以下のものを準備しておくとよいです。
@体温計 
A保冷剤(アイスノン) 
Bイオン飲料(ポカリスエット)
 ※薬局で市販されている子ども用のイオン飲料や経口補水液が良い。
Cアセトアミノフェン解熱剤(有効期限には注意しましょう)
D加湿器
E空気洗浄機
Fエアコン、温風ヒーター
 

posted by サリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A ここがしりたい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。