2008年07月28日

突発性発疹の夏のケア方法

毎日、暑い日が続いていますが、今もどこかで小さな赤ちゃんが突発性発疹になっているのでは・・・と、心配でなりません。

こんなに暑いと、高熱のでていない赤ちゃんや幼児でも、汗がでて汗疹などで背中に湿疹がでる子供も多いですよね。

夏は、元気なときは汗をかいたら、お風呂の残り湯などで行水をさせてあげたり、タオルを濡らして、体を拭いてあげるだけでもさっぱりとするものです。

そして、ベビーパウダーを背中や首などにはたいてあげると、サラサラとして気持ちがよく、湿疹もできにくいです。

突発性発疹になって、高熱が出た時も、汗がでたらなるべく早めに気付いてあげて、着替えさせてください。
私の子供も夏の暑い頃に突発性発疹になったのですが、一日何度も着替えをさせて、その度にガーゼで体を拭いてあげていました。

幼児用の冷却ジェルなどは、嫌がらないお子さんだとひんやりとしてよいかもしれません。
うちの子は、あまり好きではないようで、貼ってもすぐに剥がしてしまっていました。

あまりに暑がる時は、おでこに冷やしたタオルをのせてあげたり、首の後ろを冷やしてあげると、それは喜びました。

それから、汗がでるときは、なるべく水分補給をしてあげないといけないので、お水を飲ませていました。
ポカリスエットのようなものが病気のときはよいという先生もいましたが、これまたうちの子は、嫌いで全く飲んでくれませんでした。
実は、1歳のときだったのですが、病気の間中母乳ばかり飲んでいました。

そうそう、脱水症状になったかどうかの判断ですが、尿の回数や量が普通よりも少ないと感じたら脱水症状の可能性が高くなりますので、気をつけてください。
もう一つは、爪です。元気な時の爪の状態と違ってきますので、日ごろの状態をよく覚えておいてくださいね。

それでは、早く治られることを心から願っています!


posted by サリー at 16:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 突発性発疹のケア方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

赤ちゃんの発熱に自然療法の『大根湯』はいかがですか?

赤ちゃんが、突然熱を出したら、本当にママはびっくりしますよね。
すぐに病院に連れていこうかどうか悩んでいる時、自宅にあるものを使って、熱を下げることができるかもしれません。

『大根湯』を作って、赤ちゃんの発熱時に、ママが飲んで授乳をすると効果がありますので、ぜひ一度試してみてください。

この『大根湯』に必要なものは、下記になります。

1.3年番茶 ・・・ 1と1/2カップ
  ※熱い3年番茶を使います。
2.しょうゆ ・・・ 大1と1/2
3.大根おろし ・・・ 1/2本
4.しょうが ・・・ おろし小1

上記の1〜4を合わせて、混ぜると大根湯の完成です。

※大根おろし汁に、りんごなどで甘みをつけてあげる。

【大根湯で熱を下げるためには・・・】
大根湯を飲んでから布団をかぶって寝て発汗させるるのが、1日3回。
posted by サリー at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発性発疹のケア方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

突発性発疹のケアポイントはこの8つ!

そろそろ、突発性発疹になるのではないかとご心配されているママさんや、今 突発性発疹になって大変な状態になっているママさんのために、8つのケアポイントをまとめました。
何かのお役に立てると幸いです。

1.赤ちゃんが突発性発疹になって元気にしていても、熱が完全に下がるまではなるべく安静にさせてあげてくださいね。
少し熱が下がったと思って、外出したりすると、夜になって高熱がでたり、他の病気を併発する恐れもあります。

2.赤ちゃんが、高熱で苦しそうな時は、氷枕などで冷やしてあげてください。 おでこに貼るタイプの冷却シートを使ったり、冷やしたタオルをあてる方法などが他にもあります。
そのお子さんによって、熱を下げる方法に好き嫌いがある場合があるので、様子を見ながら行ってください。

3.赤ちゃんに薬を与える時は、医師の指示どおりに飲ませるようにしましょう。 熱が下がらないと赤ちゃんがかわいそうだと思って、必要以上に解熱剤を飲ませないように気をつけてください。

4.赤ちゃんが少しでも熱がある時は、入浴は行わないようにしてください。熱が完全に下がった時は、入浴させても大丈夫です。しかし、長湯などで疲れさせないように注意してください。
お風呂は、思った以上に体力を使うので、入浴できないときは体をタオルで拭いてあげてから、新しい下着と取り替えてあげるなどの対応を行ってあげてください。

5.突発性発疹の時は、脱水症状をおこさないように、水分補給には十分に気をつけてください。ミルクをいやがるときは、白湯や麦茶、果汁など、赤ちゃんが好むものを与えるとよいです。

6.突発性発疹の時は、喉にも発疹がでているので、おかゆやすりりんご、スープなど、のどごしのよいものを与えると、赤ちゃんは食べやすいです。

7.赤ちゃんが下痢をしているときは、離乳食を中止するか、ワンステップ前の段階に戻してあげてください。

8.赤ちゃんがひきつけをおこした場合は、そのときの様子を観察して、必ず小児科を受診するようにしてください。

posted by サリー at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発性発疹のケア方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

突発性発疹で高熱から「熱性けいれん」を起こした時!

お友達の子どもが、3日前に「高熱がでたから、突発性発疹かしら?」と連絡がありました。
1歳半くらいだから、「きっと、そうだと思うわよ。 熱が数日続くと思うから、気をつけてね。 お大事に。」と電話を切りました。

その数時間後、お友達のうちでは大変なことがあったのです。

その子が、高熱から「熱性けいれん」を起こしてしまったのです。

ママは、その子がけいれんをしているのを見て、すぐに口にタオルをいれようとしたのですが、とても口に入れることができず、もう頭が真っ白になって、どうしたらいいのかわからず、救急車を呼ぼうかと思っていたら、5分ほどしたら けいれんが治まったそうです。

でも、心配なので、かかりつけの病院に急いでタクシーに乗って行ったところ、けいれんの時の対応について教えてもらったそうです。

安静が第一なので、口にものを入れたり、体をゆすったりしてはいけないそうです。
お友達は、口にタオルを入れようとして、慌てていて入れることができなかったことが、幸いだったようです。

その他、下記の手順で対応をするように言われたそうです。

1.衣類をゆるめ、顔を横向きにさせる。

2.時間と熱をはかる。

3.けいれんの様子をみる。

4.おさまったあとの様子をみる。

5.冷やす。

そして、上記の対応を行ったあと、落ち着いたらすぐに病院で診察を受けることが大切とのことでした。

突発性発疹の熱から「熱性けいれん」を起こすこともあるので、このことを覚えておくと、何かの役に立つかもしれません。
私も、いざというとき、落ち着いて行動ができるかどうか心配ですが、こうして友達から教えてもらったことなどを参考にして、対応できるように頑張りたいです。
posted by サリー at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発性発疹のケア方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

突発性発疹をホメオパシーで治療する! 自然治癒力を高める方法

【ホメオパシーとは】
今から200年前にドイツの医師ハーネマンがその生涯をかけて確立させた療法で、その起源は古代ギリシャのヒポクラテスまでさかのぼることができます。
ホメオパシーは同種療法あるいは類似療法と訳されている通り、「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という「同種の法則」が根本原則になっています。
ハーネマンはこの「同種の法則」に、症状を起こすものを非常に薄めて使うことにより、体に悪影響を与えることなく、症状だけを取っていくものとなるという「超微量の法則」を打ち建て、安全で体にやさしく常習性を持たないホメオパシー療法を完成させました。
ホメオパシーでは症状を抑圧するのではなく、症状を出し切れるように後押しします。そうして初めて心身ともに健康になると考えます。 私達の心や細胞が抱える不自然なパターンを解放し、体の芯から健康を取り戻す自然療法、それがホメオパシーです。

【レメディーとは】
ホメオパシーでは、「超微量の法則」に基づき、植物や鉱物などを高度に希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませます。この砂糖の玉をレメディーと呼びます。相談者はこの小さな砂糖の玉を舌下に入れ、溶けるのを待ちます。
レメディーは原物質のない程薄められていますので、赤ちゃんや妊婦さんでも安心して使うことができます。
ホメオパシーでは、レメディーがバイタルフォース(自然治癒力)に作用していると考えられています。ですからレメディーがその人の抱える不自然なパターンと適合している場合は共鳴し、自然治癒力が揺り動かされ、体が良い方向へと向かいますが、適合していない場合には、共鳴し、自然治癒力が揺り動かされる作用はありません。
このようにレメディーとは、相談者の自然治癒力を揺り動かし、自ら健康になろうとする力を引き出すためのものです。ホメオパシーでは、自分以外に自分を癒せる者(治療者)はいないという考えが根本にあります。

【突発性発疹の治療用レメディは?】
 @Bry ・・・ ブライオニア
 Athuj ・・・ スーヤ
 Bsulph ・・・ ソーファー
 Cherp−z ・・・ ヘーペス

※ホメオパシーは、「ホメオパシージャパン」などから、インターネットで購入することができます。
posted by サリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発性発疹のケア方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

突発性発疹の時、発熱の手当てと水分補給

突発性発疹に特効薬はなくて、みんなよく似た経過をたどって治ってしまいますが、高熱が3日も続くので、必ずしも軽い病気とはいえません。

■発熱時の手当て

・発熱をした時は、30分〜1時間毎に検温をして経過をみてください。

・赤ちゃんが寒がっていたり、震えているようであれば、温めてあげるようにします。 反対に、熱が38℃以上になった場合は、赤ちゃんを薄着にしてあげてください。

・熱が38.5℃を超えるような場合は、下記のような対応を行います。
@脇の下に保冷剤を入れて冷やします。
A足の付け根を保冷剤で冷やします。
B背中に保冷剤を入れて冷やします。
※本人が冷却を嫌がる場合は、無理に冷やす必要はありません。

・冷えピタなどで、おでこを冷やす方法は、気持ちがよいのは短時間であり、本当に体を冷却する効果はありません。

■水分補給
発熱や下痢などにより、水分が身体から奪われるので、脱水に気をつけて水分補給は十分に行いましょう。

・イオン飲料や経口補水液等がおすすめです。水分の他に、ナトリウムなどの電解質を含んでいるためです。

・ほうじ茶、麦茶は、カフェインも含んでいないので、おすすめです。 

・湯冷ましやりんごジュースなどは、病気の時はさけてください。

・ジュースは糖分が多く塩分が少ないので、病気の時は、あまり飲まないようにご注意ください。

・乳幼児(1歳未満)の赤ちゃんは、ポカリスエットをお湯で1/2に割った薄めの物を与えてください。

・ヨーグルトやミルクは、あまりとらない方が胃の負担を軽減できます。

・こまめにスプーン1〜2杯ずつでも水分をとらせるようにしましょう。
posted by サリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発性発疹のケア方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。