2008年05月29日

ホメオパシーで不思議な突発性発疹の体験をしました!

最近、朝日新聞で小児科医が少ないため、医療の現場では対応ができないことも考えて、ホームケアに力を入れてもらいたい・・・という記事をみました。
ホメオパシーなどの自然療法なども、これから家庭にどんどん取り入れられると、ホームケアにつながるのではないでしょうか。

先日、お友達の大介くんママから、貴重なお話を聞くことができましたので、ご紹介いたします。

8ヶ月の大介くんは、とっても元気な男の子ですが、先日急に熱がでてきて、とても心配をしたそうなんです。

その時、大介くんママは『ホメオパシーのベラドーナ』を一粒与えたそうなんです。

ホメオパシーは、自然治癒力を高めるもので、症状を抑圧するのではなく、症状を出し切れるように後押しするものだそうです。

ホメオパシーでは、「超微量の法則」に基づき、植物や鉱物などを高度に希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませ、この砂糖の玉をレメディーと呼ぶそうです。
この小さな砂糖の玉を舌下に入れ、溶けるのを待つそうですが、赤ちゃんの場合は、舌下には入れることができないので、そのまま口に入っていればよいそうです。

大介くんは、二日目少し熱が下がってきたのですが、小児科に行って診てもらったところ、突発性発疹の前兆でしょうと言われたそうです。

大介くんは、病院から戻ってもお薬は飲まずに、ベラドーナをその後も飲んで、4日目には完全に熱も下がり、元気になったそうです。

途中、3日目に大量の汗を何度か出して、着替えを何度も行ったくらいで、それが少しびっくりしたことだったとのことですが、本当に軽い症状ですんで驚いてしまいました・・・と言っていました。

以前から、ホメオパシー療法で子育てをしているそうですが、今回ばかりは、ホメオパシーを信じられなかったパパまで、「ホメオパシーは確かに効いているよな」と関心していたそうです。


posted by サリー at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 突発性発疹の体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホメオパシーは、普段のホームケアとして補助的役割として取り入れるのは賛成です。

しかし、妄信しすぎて、そればかりにたよろうとしたがために、かえって症状を悪化させてしまい苦労されるかたもいます。

症状が悪化すること=好転反応とおもいこまずに、こどもさんのことを考えて。

おかしいと思ったらやめる勇気も必要ですよ。
Posted by 妄信しないで。 at 2008年06月14日 01:06
最近、子供が突発にかかったので検索していたらこちらのブログにたどり着きました。色々体験談など知ることができてよかったです。ただホメオパシーだけは丸々とは賛成できません。少しの風邪に自宅療法で・・・という場合には特にある程度からだができている大人ならいいでしょう。ですが、子供には危険です。自己判断で勝手なホームケアをして一大事になった時は手遅れです。特に子供は自分で自分のことを判断できません。最近、オーガニックやマクロビなどの食事法を推進するお母さんでホメオパシーも取り入れている人をみますが、お子さんが心配になります。親御さんたちがきちんと物事を理解してお子さんを育てることがとても大事だと思われます。
Posted by 私も同じです at 2011年12月15日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。