2008年03月30日

突発性発疹は赤ちゃんの新しい病気?

先日、私は実家で古い百科事典を見ていました。
このところ、突発性発疹のことを色々と調べていたので、40年前の百科事典にはどのようなことが書いてあるか、ワクワクしていたのですが、なんと突発性発疹の項目はどこにも見当たりません。

母に、「私の生まれたころは、突発性発疹はなかったのかしら。」と聞いたところ、「そんな病気は聞いたことないわよ。それは三日はしかではないの。」とのこと。

ご近所のおば様たちに聞いたところ、やはり60歳くらいのおば様は、自分の子どもはかかったことがないけれど、孫はみんなかかったことがあるということでした。

そこで調べてみたのですが、突発性発疹は1910年に初めてこの病気の人が見つかって以来、原因ウイルスは長い間不明だったそうです。
1988 年、HHV‐6 であることが証明されました。
その後、突発性発疹の中にエンテロウイルスが原因であるものが含まれていること、またHHV‐6、エンテロウイルスのいずれでもない原因不明の突発性発疹があることも明らかとなり、1990年に新しく発見されたHHV‐7もその初感染像として突発性発疹を呈することが1994 年に報告されたとのことでした。

突発性発疹は、別名「突発疹」、「突発性発疹症」とも言われているそうですが、まだ赤ちゃんの病気としては新しい病気であることがわかりました。

私達が小さなころは、あまり多いの人がかかる病気ではなかったのですが、今はほとんどの子どもがかかる病気になり、どの子育ての本にも掲載されるようになったということなのでしょうね。


posted by サリー at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発性発疹はどんな病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。