2008年02月21日

突発性発疹の体験記・・・その2(これが突発性?)

私は、長男の春休みを利用して、私の実家宮崎へ遊びにいきました。
次男は生後4ヶ月なので、飛行機での離着陸にも気を使って、無事についたことを喜んでいたのですが、その翌日少し体調が悪くなってしまいました。

やはり、昨日乗った飛行機で、「航空中耳炎」になったのかしら?と思っていました。

その夜、母乳を飲んでいる次男の口が熱くなって、「これは熱が高くなっているわ」と、心配になりました。
でも、母乳も沢山飲んでいるし、病院に行くほどでもないから、様子を見ましょうと、親子で寝てしまいました。

朝になって、熱が下がっているし、とっても元気に遊んでいるので、本当に安心しました。

でも、夕方くらいになると、やっぱり母乳を飲む口が熱く、顔も赤くなっているので、熱があることがわかりました。
昨日よりは熱が高いので、ホメオパシーのベラドーナを与えました。

翌朝、また次男は昨日よりも元気になって、それ以降熱は一度もでませんでした。

しかし、熱が下がった二日目に、体に薄く発疹がでていました。
でも、本当に薄い薄い発疹で、「これは本当に発疹なのかしら?それとも熱がでていたので、あせもかしら?」と判断がつかないくらいでした。

一応、心配なので小児科に連れて行ったところ、「突発性発疹」と診断されました。
長男の時は、「家庭の医学」に書かれているような、典型的な突発性発疹の症状だったので、すぐにわかったのですが、今回はあまりにも早い月齢であったし、熱も軽くて、発疹も薄いため、自分では判断ができませんでした。
症状がかるいというのは、子どもにとっても親にとっても嬉しいことなので、本当によかったと思います。


posted by サリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発性発疹の体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。