2008年02月12日

突発性発疹とは、どんな病気?

大切な赤ちゃんを育てていて、急に熱がでてしまうと、驚いてしまうのではないかと思います。 生後数ヶ月の赤ちゃんだと、特にどうしたらよいのか、困ってしまうのではないでしょうか。
突発性発疹は、生後6〜12ヶ月の赤ちゃんに多くみられ、生後はじめての発熱が『突発性発疹』でしたという赤ちゃんは多いものです。
この病気は、発熱があり、熱が下がった後に発疹がでるのが特徴です。

■病気になる月齢 ・・・ 生後6ヶ月〜12ヶ月の乳幼児が多い

■季節 ・・・ 一年中季節は関係がありません

■原因 ・・・ ヒトヘルペスウイルス6型というウイルスの感染で起きます
■感染の有無 ・・・ 人への感染力は強くはありません

■潜伏期間 ・・・ 7日〜14日

■症状 ・・・ 38℃〜40℃くらいの高熱が3日ほど続いて、熱が下がる頃(4日目あたり)に、小さく赤い発疹がでて、顔・首・胸・背中・手足など全身に広がります。
かゆみや色素沈着はほとんどなく、発疹がではじめてから3日ほどできれいに消えてしまうことが多いです。
熱の他に便がゆるくなることが多いのですが、ひどい下痢になることは少ないです。
  
※熱がでている時に喉の腫れや、鼻水、軽い下痢などをともなう赤ちゃんもいます。 
また、熱がでなかったり、発疹があまりでなかったりと、症状には個人差があり様々です。

■病気の併発 ・・・ 熱とともに、10%の頻度で熱性痙攣(ねっせいけいれん)を起こす赤ちゃんもいます。
ごく稀なケースで、回復期に脳炎や髄膜炎になったりするので、発疹が出た頃から、経過観察を行い症状があれば受診をすることをおすすめします。
 


posted by サリー at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発性発疹はどんな病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。